Case Study

世界基準の広告配信プラットフォーム、 LIVE BOARD広告

LIVE BOARDは、日本初となるインプレッション(=広告視認者数)に基づくデジタルOOH広告販売を行っており、さまざまなデジタルOOH広告枠を一括して自由な期間で購入することができます。

今回Case Studyとしてご紹介するインテル株式会社様です。LIVE BOARDではデジタル化に伴うテクノロジーにより、広告主が求める3A基準を実現したDOOHの提供が可能です。

3A

accountable addressable attributable
down-arrow

Live Boardの特徴

Accountable
  • ドコモのビッグデータを活用して測定された視認者数 (=インプレッション)とユーザ属性に基づく配信
  • 実際に配信されたインプレッション数をレポート(アクチュアル)
Addressable
  • 自由な期間を設定でき、屋外・屋内を問わずワンストップで購入可能
  • “Programmatic”に対応しており、最適な面と配信タイミングを1配信ごとに完全コントロール
Attributable
  • ROIのわかるOOH(アスキング調査およびログベースでの分析で広告効果や設定したKPIに対する広告寄与度を把握することが可能)

これまでのOOH市場では、一定期間の買取りや再生回数を保証する販売方法が中心だったため、その広告がターゲットに届いたのか、ターゲットの購買行動に変化をもたらしたのか、といった効果測定をする手段がありませんでした。

しかし、LIVE BOARD広告はこの3Aの概念をOOH媒体で実現でき、ターゲットに最適なロケーションとタイミングを自動的に選択/配信することができ、またその効果測定も可能でした。

“See It All” キャンペーン・概要

“See It All” キャンペーン・概要

See It All”では、「IT事業者」「製造業」「小売り」「ヘルスケア」の4業種に携わる人々をキャンペーンターゲットとして設定。LIVE BOARDでは、位置情報×モバイル広告IDをもとに、具体的なターゲットとなる人々を抽出し、そのターゲットが目にするであろう場所/時間に最適なデジタルOOH媒体にて、広告の配信を行い、効果検証を行いました。

ターゲットの定義

位置情報×モバイル広告IDをもとに、いつ・どこにいた人を「〇〇な人」とペルソナ化し、ターゲット企業の本社や営業所の所在地、および各業界向けカンファレンスが開催されていた期間中の会場で取得されたユーザの位置情報を基にターゲットを定義しました。

ターゲットの行動パターンの分析

広告を効率的に配信するために、LIVE BOARDがもつデジタルOOHごとに、時間帯別のターゲット含有スコアを算出し、ヒートマップを作成。これにより、ターゲット含有率スコアの高い特定のデジタルOOH広告と、その時間帯を特定することができます。

自動的に最適な枠を買付・配信

特定したデジタルOOHにて、自動的に広告を買付、配信を行います。従来であれば、広告枠は媒体社ごとに決められた期間でしか購入できず、事前の入稿が必要でしたが、Programmatic取引が可能なLIVE BOARDの広告では、広告を配信する媒体の枠の買付/配信までを必要に応じて、1本単位で購入することができます。広告主が設定した条件に基づき、最適な広告枠を自動的に購入し、配信することを実現しました。

オフラインIDをオンラインIDに マッピング・広告効果の測定

広告配信後、設定したターゲットの中でデジタルOOH広告接触者と非接触者のモバイルIDを抽出。そのモバイルID(オフラインID)を基に同一人物と想定できるCookie(オンラインID)に変換してWEBサイトにおけるユーザの活動をモニタリングすることで広告の効果検証を行いました。

LIVE BOARD広告の接触者に対する 広告効果は+平均8.8%up

ターゲット別(ヘルスケア11.2%up / 製造業6.8%up /小売業6.9%up / IT企業11.1%up)

インテル株式会社様のWEBサイト上での関心度の差違を比較したところ、LIVE BOARDのデジタルOOH広告接触者は、非接触者に比べて、平均で8.8%高いスコアとなりました。

【3A】を実現するLIVE BOARDの プラットフォーム

これまでの日本のOOH業界ではテレビにおける視聴率のような媒体価値の標準指標が整備されておらず、また他の媒体とも比較ができない状況でした。LIVE BOARDではグローバルのガイドラインに基づき、OOH広告を見ていると想定できる人数 (=インプレッション)を算出し、広告価値の基準を明確化しています。また、実際に配信されたインプレッションもわかるため、広告主の方々が安心してプランニングすることができます。

OOH広告の効果として、リーセンシー効果や集団効果があると言われていましたが、実際に広告効果を検証しようとすると時間やコストがかかり、ROIを示すことが難しい状況でした。しかし、今回の“See It All”キャンペーンでは、ログベースで広告効果まで検証できるので、広告効果を具体的な数値で示すことができるようになりました。

ターゲットとなるユーザーをモバイル単位で特定し、場所/時間帯など最適な広告媒体をフレキシブルに買付、その効果検証を行えるのは、まさにLIVE BOARDの強みであり、LIVE BOARDだからこそ実現できる広告手法と言えます。

導入事例:See It Allキャンペーン

配信期間:2020年7月1日〜7月31日

配信規模:4,000,000インプレッション

配信DSP:Hivestack DSP

導入会社様:インテル株式会社 https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/homepage.html
LIVE BOARDの ソリューションについて、 もっと知りたい方はこちら contact button