Live Board

Topics

日本初となるインプレッションベースでのプログラマティックOOH広告
「LIVE BOARD マーケットプレイス」の第1次パートナーシップを4企業と締結

株式会社LIVE BOARD(以下、LIVE BOARD)は、インプレッションベースでのデジタルOOH広告(デジタルOut of Home:以下、DOOH ※1)のプランニング、広告枠の取引、配信までを自動化するプログラマティックな取引を可能にする「LIVE BOARD マーケットプレイス」について、第一次パートナーシップを4企業と締結しました。今後、デマンドパートナー4企業と共同でプロジェクトを推進し、12月12日より順次サービス提供を開始します。インプレッション※2ベースでのプログラマティックOOH広告提供は日本初※3となります。

画像: 
      日本初となるインプレッションベースでのプログラマティックOOH広告<br>
      「LIVE BOARD マーケットプレイス」の第1次パートナーシップを4企業と締結
LIVE BOARD、Hivestackプラットフォームを採用しプログラマティックOOHを日本で初めて実現*1

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)と株式会社 電通(以下、電通)の新会社である「株式会社 LIVE BOARD(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長、神内 一郎)」は、プログラマティックOOHの販売と購入を促進するテクノロジープラットフォームとしてHivestack Inc.(本社:カナダ、モントリオール、最高経営責任者:アンドレアス・スウプリオティス)と提携に合意しました。

画像: LIVE BOARD、Hivestackプラットフォームを採用しプログラマティックOOHを日本で初めて実現*1
NTTドコモ、埼玉高速鉄道、ビズライト・テクノロジー、LIVE BOARD
世界初、鉄道車両内でのダイナミックDOOH事業を共同で推進

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)、埼玉高速鉄道株式会社(以下、埼玉高速鉄道)、株式会社ビズライト・テクノロジー(以下、ビズライト・テクノロジー)、株式会社 LIVE BOARD(以下、LIVE BOARD)の4社は、鉄道の車両内におけるデジタルサイネージ「ダイナミックビークルスクリーン」を活用し、鉄道車両内では世界初※1となる、リアルタイムな環境変化に応じて動的に表示内容や広告を切り替えることができるダイナミックDOOH(Digital Out Of Home:以下、DOOH※2)事業の推進を行うことで合意しました。※社名は五十音順

画像: NTTドコモ、埼玉高速鉄道、ビズライト・テクノロジー、LIVE BOARD<br>世界初、鉄道車両内でのダイナミックDOOH事業を共同で推進